花粉症の市販薬が効かなくなったら試したい花粉症完治の習慣

日常の工夫
この記事は約3分で読めます。

花粉症の市販薬を使っていたら、効かなくなったことありませんか。

使い始めは効いていたけど、飲むにつれて効果がなくなった。

飲み薬でも2,000円近くしますね。

買い損した気分に毎年なり、そのまま1年使わず置いて来年に廃棄する流れを、何度も経験しました。

そこで、花粉症で市販薬が効かなくなったときの対処法を考えてみました。

習慣によって完治するらしいので、試す価値はあると思います。

私も完治のため実践中で、ちょっとだけお金をかけている最中です。

完治のために知ったことも、少し書いておきます。

スポンサーリンク

花粉症の市販薬が効かなくなったときの対処法

市販薬 イメージ画像

結論から言うと、医者に処方された薬を飲むのが、圧倒的に花粉症が治まります。

市販薬は体感でも最初は効きます。

しかし、効果に慣れてついには「効き目なくなった?」と思ってしまう効果でした。

コストも考えると、最初から医者に行って処方してもらうのがベストです。

医師から処方された薬は即効性があります。

花粉症の期間だけ飲めば、鼻詰まりやムズムズは発症しにくくなります。

健康保険の活用意識を持つ

花粉症に限らず、市販薬にお金をかけるのは「二重に保険金を払う」ようなものかもしれません。

健康保険で3割負担という制度を活用しない手はないでしょう。

一時期だけの症状なら、ちょっとの処方で劇的に改善するのでお得です。

反対に、市販薬を買い続けるのはもったいないと言えますね。

 

薬局や製薬会社の売上は薬以外で貢献したいところです笑

日本の医療制度は病気になった人に優しく整えられています。

アメリカは医療保険制度がないので、高額医療になるので予防が不可欠です。

日本でもできれば完治を目指していきたいところです。

完治のための習慣を目指す

花粉症は治ると言われていますが、試した人は少ないのではないでしょうか。

じつは薬で完治することはありません。

なぜなら、対症状のための薬で根本を治療するものではないからです。

食事や日々の習慣が病気の予防と完治に繋がると知りました。

私も完治するのは疑わしいと思っていますが、試していることがあります。

 

下記の本を元に、フラクトオリゴ糖とごぼうを食べることです。

created by Rinker
¥1,430 (2024/06/17 16:23:13時点 楽天市場調べ-詳細)

1日で治った実感は人によりますが、やってみる価値があります。

・ごぼうを食べて酪酸を増やす
・フラクトオリゴ糖を摂る

花粉症以外にも効果的で、食べる習慣はつけても損はないと思いました。

コーヒーにフラクトオリゴ糖を入れたら、まろやかなとろみが出て美味しかったです。

これらも習慣で治ってくるので、一定の期間試しているところです。

花粉症で薬は飲まない方がいい?

完治を目指すなら、飲まないに越したことはないでしょう。

しかし、鼻やのどの不快感を放っておくのは辛いです。

医者に行かないようにできればいいですが、発症してしまったものは習慣での完治より即効性が必要です。

今年の花粉症は薬が必要でも、1年後のスギ花粉の季節はどうなるのか?

それも踏まえて試しているところです。

花粉症が治るとは信じがたいですが、不快がなくなるなら試す価値はあります。

改善にはコストと労力がかかりますが、不快がなくなるならやってみる価値があります。

今回は花粉症に対する市販薬のことでした。

薬は飲まないに越したことはないと思っています。

ただ、日々気づかないうちに、身体のメンテも怠ります。

発症したら医者に行くのが即効性があるし、お金も最低限で済みます。

花粉症の完治を目指して、オリゴ糖を試してみますね。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

それではまた、次回の投稿でお会いしましょう!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました