美文字が書ける期待!書きやすさで選ぶボールペン。

ライティング

サムネイル画像元:パイロットコーポレーション

※本ページはプロモーションを含みます。

ペンが多過ぎて書きやすい一本が見つからない。
全部は試し書きできない!

選択肢が多すぎて迷う方に、使っている愛用ペンを紹介します。

私も選びきれないので、他の動画や記事を参考にして、3つを軸に選びました。

・握りやすさ
・書き心地
・重さ

握りやすさは字の質に影響するので大事です。

書き心地はインクの種類で変わり、書きやすさに左右します。

重さは単色ペンか、3色以上を書ける多機能ボールペンで違います。

今日紹介するペンは一部なので、
店頭で試し書きをして、自分に合うペンを選ぶ基準の助けとなれば幸いです。

サラサドライ(SARASA DRY)0.5

ゼブラからサラサ(SARASA)シリーズ。

created by Rinker
¥132 (2024/06/17 09:54:43時点 楽天市場調べ-詳細)

個人的な評価

重さ   4.0
書きやすさ5.0
利便性  3.0

芯の太さ:0.4 0.5 0.7
色の種類:黒、赤、青

書いて1秒経つと乾くほどの超速乾で、ページ裏にも写りにくいです。

濃い黒色で、伝言メモや付箋など、目を引くものに書いたら見やすいと思います。

力んで書くと、インクが出すぎて速乾しないので、優しく書くとにじみません。

利便性が☆3の評価は、単色ペンしかないので、目的に合った色を揃える必要があります。

ゲルインクという水性と油性をあわせたハイブリッドなインクは、滑りやすいですが、書きにくさを感じるほどではなかったです。

惜しい点はインクの特性上、減りが早く替芯の頻度は高くなることですね。
(替インクは1本100円ほどですが)

三菱鉛筆 ジェットストリーム 多機能ペン

黒、赤、青、緑、シャープペン機能を搭載したボールペン。

個人的な評価

重さ   3.0
書きやすさ5.0
利便性  5.0

芯の太さ:0.5 0.7
4色(黒、赤、青、緑)とシャープペンが一つになった多機能ボールペン。

3色以上になると握る箇所のグリップが太くなり、書き心地は下がるのか心配でした。

しかし、油性ペンで粘り気があり質感が重なって、思ったより書きやすいです。

私は太さ0.7を使用、手帳に書く字の大きさなら、0.5が良いかもしれません。

消せるボールペン「フリクション」 4色 0.5

消せるボールペンで記録的な売上だった、パイロットコーポレーションの「フリクション」

個人的な評価

重さ   4.0
書きやすさ2.0
利便性  5.0

書き間違えても消せるのは、仕事やメモ書きでも幅広い使い方ができます。

ただ、書きやすさは個人的に他と比べて滑りやすく、字の形を思った通りに整えられませんでした。

利便性に特化した一品と見るほうが良いでしょう。

消せるので、署名(サイン)には使えません。

ペン字が上手になると好感度が上がる期待

ペン字は練習すれば綺麗に書けます。

きれいな字、いわゆる美文字を書くには使うペンの書きやすさが、大事な要素です。

今回の記事は、美文字のサポートとなる、ボールペンを紹介しました。

きれいな字は見る人に「美しい」と感じてもらえる期待が持てます。

初見の人はもちろん、付き合いが長い人も、
芸術的な一面が見れて、好印象になるでしょう。

反対に読みにくい字は、丁寧さがないと見られ、損な一面もあります。

しかし、手書きする機会がパソコンなどの情報機器の発達により、減少していますね。

AIも台頭する中、美文字が書けるというのは、人間味を出せる手段だと思っています。

今回のペン紹介が参考になれば幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました